東急リバブルたまプラーザセンターは外せない?田園都市線沿線に地の利あり。

東急リバブルたまプラーザセンターは外せない?田園都市線沿線に地の利あり。

東急リバブルたまプラーザセンター

山口智充、通称ぐっさんを起用し強烈に印象が残るテレビCMを流している東急リバブル。

 

 

このCMでも語られたことがある通り、不動産の売買仲介取扱件数はトップスリーに入る。ランキングでは万年3位に甘んじていたが直近の売買仲介件数は住友不動産販売を抜いて2位だったようで。

 

東急リバブルといえばその名の通り、東急グループの不動産会社だ。そして、たまプラーザは東急田園都市線の駅である。…言うまでもなく、たまプラーザ駅を再開発したのは東急グループなので駅周りにも東急電鉄、東急不動産分譲のマンションは多い。となると東急リバブルたまプラーザセンターの出番も多いというのは当然の話しである。それを示すように現在たまプラーザに住んでいるがチラシを一番見かける不動産会社は東急リバブルたまプラーザセンターだ。隔日で投函されてるくらい頻繁に見かける(~_~;)

 

ちなみにあなたはドレッセという名前がつくマンションを知っているだろうか。ドレッセは東急電鉄が分譲したマンションに冠されることが多い名称だ。東急不動産分譲となるとブランズという名称が入ることになるがたまプラーザ近隣では東急電鉄分譲のドレッサが一際多い。分譲した会社系列の不動産会社に売却は任せた方が良いかどうかについてはコチラをご覧いただきたい。結局どこの不動産会社に皆さん、売却をお任せしているのかについてもどうぞお目通しください。案外高く売れると言ってきた会社よりも親切そうという理由で選んでいる人が多いようでホッとしています。

 

たまプラーザは実力のある売買仲介のお店が多いので何軒か声を掛けてみて一番自分とフィーリングの合う不動産会社に任せるのが良いだろう。

 

(参考)
マンションを少しでも高く売却するには?三太郎の智慧伝授。


関連ページ

三井のリハウス たまプラーザセンター
三井のリハウス、もとい三井不動産リアルティ株式会社は凄い会社だ。何と言っても実績が凄い。1986年から2015年まで売買仲介取扱件数がずーーーっと1位である。
住友不動産販売たまプラーザ営業センター
住友不動産販売たまプラーザ営業センターを語るにあたって本社の住友不動産について少し知りましょう。たまプラーザでマンションを売却するならば何はなくとも意見だけはきちんと聞いておきたい実力は大手不動産会社。
野村の仲介+ たまプラーザセンター
「野村の仲介+」を知らなくとも野村不動産の分譲マンション「プラウド」は誰もが聞いたことあるだろう。また業界でいち早くホームステージング採用したことも知っておくべきだろう。
大成有楽不動産販売たまプラーザ営業所
大成建設の流れをくむ不動産会社、大成有楽不動産販売はゼネコン系の不動産会社の中で大成有楽不動産販売はトップに位置する売買仲介取扱件数8位だ。
三井住友トラスト不動産たまプラーザセンター
三井住友トラスト不動産は三井住友信託銀行グループの不動産会社である。 80年以上続いてきた住友信託銀行の不動産業務のノウハウを持ち、またグループの親会社が信託銀行である事もあり不動産の資産活用などの面が強みとされる。
東急ライフィア(株)たまプラーザ営業所
東急不動産とではなく東急電鉄と深い繋がりを持つ不動産仲介会社です。東急リバブルとは全く別の会社です。
センチュリー21 アイワハウス
センチュリー21←テレビCMを見たことがある人も多いだろう。たまプラーザにあるセンチュリー21アイワハウスを語るにあたり、まずはセンチュリー21について少し説明をしよう。
クーパーズ不動産
たまプラーザ駅の周りには不動産会社が山ほどある。その数、両手では足らないほど。でも質はピンキリ。3つの具体例を挙げてどういった会社に売却を依頼するか考えてみましょう。
たまプラーザにある不動産屋さんの選び方 | 主体は賃貸か売買か?
たまプラーザには沢山不動産屋さんがあります。家を借りたいなら賃貸主体のお店へ。家を買いたい・売りたい方は売買主体のお店へ行きましょう。選び方のコツ。

 
HOME 目次